あぁ、これも運命。 Part2

テーマ [登山道具 ] の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

今月のマウンテンギア

2015年最初のマウンテンギアは、念願の冬靴。

昨年の10月頃から、山屋さんに行っては色々な靴を試し履きしてきまして、
もう試す靴が無くなったので、今までで自分の足に一番合った靴に決定しました。

ザンバラン パイネ・プラスGT
20150119_IMG_5370_1504.jpg

セミダブル構造のウィンターブーツです。ゲイター付のため保温性が高く、
インナーブーツの足首周りはフレキシブルさがあり、初めて冬靴を履く方にもおすすめ。
また、軽量でフィット感も高いためアイス/ミックスクライミングにも最適な一足。

重量:960g(サイズ42片足)
アッパー:ストレッチ・コーデュラ®、スーパーファブリック®、ショーラー
ライニング:ゴアテックス®インシュレーテッドコンフォート(タン部分はゴアテックス®パフォーマンスコンフォート)
ソール:ビブラムTeton(EVA素材)+ザンバランPCS プロ・クランポンシステム  ラバーラウンド補強 
生産国:イタリア

という代物

お気に入りの3シーズン靴、ジョラスGT以上に足型がフィットし、足のどこにも違和感無し。
ソールはガチガチに硬いのに、足首が柔らかくて、とても歩きやすいんです。

冬靴を初めて試着しに行った時に最初に勧められて、自分の足に合うと感じていたものの、
革靴の重厚感に憧れがあって、なんとか合う革靴を探したのですが、
パイネ・プラスGT以上に私の足にフィットする靴には出会えませんでした。
これも運命というやつでしょうかね。

<ペツル リンクスを装着した図>
20150119_IMG_5374_1504.jpg

ちなみに、試し履きした冬靴と、私の相性はこんな感じでした。
スポルティバ ネパールエボ GTX (踵の遊びがほんの少し大きい)
スポルティバ バツーラ II EVO GTX (踵の遊びがほんの少し大きい&値段高すぎ)
ザンバラン ドリューGT (踵の内側に少し違和感)
ザンバラン エクスパート・プロGT (踵の内側に違和感)
ローバー バイスホルン (じっきー愛用 私には踵の内側前部に違和感)
スカルパ ファントム ガイド (私には少し幅が広い)
スカルパ モンブランGTX (私には少し幅が広い&つま先が低い)
モンベル アルパインクルーザー 3000 (私には幅広すぎ)
ガルモント マウンテンガイド プロ (私には少し幅が広い)
アク モンタニャードGTX 970ISG (私には少し幅が広い&つま先が低い)
ノースフェイス ヴェルトS4K アイスGORE-TEX (私には幅が細い)


<シェイクダウン後の図>
伸縮性が良いゲイター上部のショーラーパブリックの部分にロゴが印刷されていて、
この素晴らしい伸縮性に、ロゴ印刷が耐えられるのか少々心配していましたが、
やはり耐えられませんでした (笑)

20150119_IMG_5753_1504.jpg

今までの人生の中でもっとも高価な靴が、一度履いただけでこの状態...
日本の製品だったら考えられないですね (^^;

外側のロゴも、何にも当ってないのに、もう剥げてるし (^^;
20150119_IMG_5754_1504.jpg

でもまぁ、文句言ってもこの靴以上にフィットする靴が無いんだからしかたないね(^^)

いや、一言だけ言わせてもらいます

「こんなに簡単に剥げちゃうなら、ロゴ要りません! 無地で結構です!」 (笑)


剣山で秒殺したハイドレーションの凍結防止対策に、「キャメルバッグ サーマルコントロールキット
20150129_IMG_5376_1504.jpg

これを使っても凍るのを目の当たりにしていますが...一応抵抗します (^^)


「iPhone 6‎ Plus」
20150119_IMG_5389_1504.jpg
(左:iPhone 5、右:iPhone 6‎ Plus)

年末に iPhone 5 の調子が悪くなり、大晦日に iPhone 5S に機種変するつもりが、なぜか6の大になりました。

山歩きに持つには6の大では巨大すぎると思っていましたが、意外にもジャケットやR1フーディの胸ポケットに入るし、
手袋したままでもタッチしやすく、バッテリーの持ちもすこぶる良い。そして、何よりも老眼には見やすくてグッドです。

絶対に使わないと思っていたモノが、一度使ったら絶対に手放せないアイテムになってしまうんだから面白い。
何でも偏見を持たず、試せるものは試してみるべきですね。


以上

日帰り登山(一般縦走)なら、厳冬期でも日本の山で行けない所はなくなりました。
装備だけはね (^^)

スポンサーサイト

2015/01/19   登山道具     256Trackback 0   256Comment 0  

2015年元旦のゲイター補修

明けましておめでとうございます。

元日は石鎚山でアイゼンで引っ掛けて切り裂いてしまったゲイターを黙々と補修しました。
上手くはないけど裁縫は割と好きだったりします (^^)

アウトドアリサーチのクロコゲイターは、下半分は1000デニールでワニの表皮のようにメチャ強ですが、
上半分は70デニールのため、軽く引っ掛けただけで簡単に避けちゃいます (歩き方がダメよ~)
20150101_IMG_4982.jpg

左足は裂いた時に気づきましたが、知らぬ間に右足も裂いてしまっていました、しかも二箇所も (^^ゞ
20150101_IMG_4983.jpg

縫合します
20150101_IMG_4986.jpg

モンベル ゴアテックスパーマネントリペアシート
20150101_IMG_4989.jpg

160℃で約20秒、強く圧着するべし
20150101_IMG_4987.jpg

補修完了
20150101_IMG_4988.jpg
見た目はイマイチですが愛着は倍増
まだまだ頑張ってもらいますよ (^^)


本年も何卒よろしくお願い申し上げます
2015年 元旦

2015/01/01   登山道具     252Trackback 0   252Comment 0  

師走のマウンテンギア

四国の百名山遠征に備え、今月も山道具が色々と我が家にやってきました (^^ゞ

これからの山行を支えてくれる仲間達を記念に残しておきましょう。

「ピレリ スタッドレスタイヤ ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)」
20141212_IMG_4837.jpg
厳冬期の富士山スカイラインを毎日激走している人をはじめ、周りはブリザックユーザーが多く
周囲の評判があまりにも良いので、初めてブリザックを履いてみようと思っていましたが、
この冬に発売されたピレリの新作が、ブリザックの約半額なのに評判が良さそうなので試してみることにしました。

ピレリ ICE ASIMMETRICOで冬道を“コントロール”

ピレリ、ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)を新発売
ニュージランドの雪上で、新スタッドレスを試す…インフォメーション性の高さは随一
スタッドレスタイヤ性能比較表 2014-2015

雪道は何を履いても滑るので、絶対的なグリップよりも
コントロール性とかインフォメーション性とか長寿命を期待しています。

20141212_IMG_4838.jpg

「パタゴニア R1フーディー」
20141212_IMG_4755.jpg
冬山の定番フリース、お気に入りのポーラテックパワードライ素材で、バラクラバになるフード付き
黒と赤と迷って、今回はまだ山で一度も着ている人に出会ったことがない青レンジャーにしてみました。

「サレワ ソフトシェル IRON SW 2.0 M JKT」
20141212_IMG_4845.jpg
初めてのソフトシェルジャケット、何度も試着して ARC'TERYX Gamma LT Hoody に決めていましたが、
ふらっとシラトリスポーツに立ち寄った際に出会った半額セール品に落ちました (^^ゞ
中厚手のソフトシェルで、防風性と透湿性はバツグンで、伸縮性はまずまず、
脇の下にファスナーが付いていて、脱ぎ着しなくても温度調整を素早く行えるのがグッド。
イタリア人用のため袖丈は長めですが、手袋を中に入れるにはちょうど良い感じです。

ゆかいなマンモス達
20141212_IMG_4831.jpg

「マムート 1020-03700・Denali Tights Men(デナリ タイツ メン)」
20141212_IMGP0009.jpg
氷の温度で使用するための伸縮性のベースレイヤーパンツ。
横浜のマムートショップの店員さんが、これにゴアパンツだけでアイスクライミングしていると聞き、試着させてもらったら
ポーラテック パワーストレッチプロの履き心地がとても良くて落ちました。

「マムート 2210-01110・バイオニックアルパインビレイ ATC」
20141212_IMGP0017.jpg
初めてのビレイデバイスは、先頭クライマーを下で確保や自分自身の懸垂下降はだけでなく、
上からセカンドクライマーも確保できるタイプにしておきました。(さかいやオンラインで35%OFF)




「マムート 2120-00590-9000・120cm トランスフォーマースリングPA16.0」
「マムート 2120-00590-60・60cm トランスフォーマースリングPA16.0」
20141212_IMGP0020.jpg
リサイクルナイロン紡績糸を使用したスリング。
これを使用することで環境問題へも貢献します。
それぞれ色の異なる糸を編みこみ、美しい色合いになっています。
という代物
上のダイニーマに比べて若干太いですが、半額のお値段が魅力です。
(さかいやオンラインで35%OFF)

テンドン クライミングロープ アンビション ダブル 8.5mm 60m コンプリートシールド加工 ブルー
20141212_IMG_4830.jpg
初めてのクライミングロープは、ダブル用の8.5mmを60m買い、じっきーと半分こ。
マムート大好き君は、当然クライミングロープの老舗であるマムート製を選ぶはずでしたが、
欲しいモデルがどこも在庫が無くて、今回はクライミングドットコムさんにお世話になりました。

「ブラックダイヤモンド フードワイヤー(左)、ロックロック ツイストロック(右)」
20141212_IMG_4770.jpg

ビレイデバイスにロープを通すと、このようになります
20141212_IMGP0022.jpg


「ブラックダイヤモンド クイックドロー BD10425」
20141212_IMG_4858.jpg
初めてのヌンチャクはフードワイヤークイックドローの6本セット

「OAKLEY Canopy Matte White 57-863J」
20141212_IMG_4843.jpg
・クリーンなデザインで視界の端までも見渡せる最大級のレンズサイズと妥協のないフィット感を誇る人気モデル
・オークリーの特許であるO-Flow形状によるストレスフリーな呼吸とレンズの曇りを抑える効率的なエアフロー
・あらゆるヘルメットに適合する流線型のフレームデザイン
・日本人仕様トリプルレイヤー構造のジャパンフィットフォームで長時間の着用も快適
・レンズの曇りを最小限に抑えるF3アンチフォグを施した3DデュアルベンチレーションPlutoniteレンズ
・様々な可視光線透過率や豊富な機能を備えたレンズカラーバリエーションで雪山のコンディションにあったレンズ選びが可能
・眼鏡の上から着用可能モデル
という代物
ヘルメット&サングラス対応の旧モデル処分品をシラトリスポーツの半額セールで(^^)

「マウンテンダックス エアーツェルト」
20141212_IMGP2432.jpg
山渓オンラインショップ楽天市場店で半額品をポチッと。
雪山に入る際には緊急用の必須装備ですが、冬以外のシーズンでも、
軽量化できるので積極的にツェルト泊したいと考えています(^-^)


以上、半額セールに弱すぎな師走でした (^^)

2014/12/12   登山道具     249Trackback 0   249Comment 0  

今月のマウンテンギア(赤岳準備編)

今月のマウンテンギア(その2)は赤岳準備編。

10月も後半となり、富士山や赤岳から初冠雪の便りが届きました(^^)
いよいよ冬山は目前ですね~(^^) なんて、笑っていられるのは今のうちかな?
-20℃とかのハンパじゃない世界で寝るのはまだまだ無理ですが、
準備だけは少しずつしないと近付いてきませんからね(^^)

ということで...

「Phenix Fluffy Pants」
20141021_IMGP6388_1504.jpg
水に強く激しい動きに対応するスノースポーツに最適なインナーダウンウェア
脱ぎ着がしやすいので衣服内の温度調節がスムーズにできます
表:ナイロン100%、裏:ナイロン、中わた:ダウン90%、フェザー10%

キャンプ地での寝間着としてシュラフの適応温度域を広げる(下げる)のが狙いです。
濡れに強く行動中にもはける化繊のパンツにするか悩みましたが、
行動中にこいつが必要になるような所にはまだまだ行けないので、
今回は軽量コンパクトな普通のダウンにしてみました。

サイドのファスナーでお尻をペロッと出せるようになっています。
20141021_IMGP6389_1504.jpg

世界最軽量レベル且つ耐久性に優れた素材 PERTEX QUANTUM GL のためコンパクトに収納できます
20141021_IMGP6392_1504.jpg
山登りだけでなく、星撮りやヤマセミ待ちにも活躍してくれることでしょう(^^)


「ISUKA(イスカ) ダウンプラス テントシューズ ショート」
20141021_IMGP6717_1504.jpg
70gのダウンと防水透湿素材ウェザ-テックを使用した軽量なテントシュ-ズです。
お求め易い価格とシンプルなデザインにより、
登山以外にもキャンプや冬の車中泊などの用途の方々にも最適な選択です。
■生地:ナイロン100%(ウェザ-テック)
■羽毛量:70g(90/10 700フィルパワ-)
■平均重量:190g
■サイズ:フリ-(底長さ30cm)

山用語では「ゾウ足」とも言われますね(^^)

テントの雪下ろしなどで外に出られるよう、防水透湿素材で足裏がしっかりしているものをチョイスしました
収納するとこのくらいになります
20141021_IMGP6718_1504.jpg


「PAINE 防縮ウールパイル(極厚) ICI-14」
20141021_IMGP6395_1504.jpg
お気に入りの石井スポーツの靴下の一番厚いタイプ
履き心地は...超ふわふわ&超あったか、これもまた靴擦れ知らずでしょう


SIDAS MULTI+」 (左)
20141021_IMGP6688_1504.jpg
・カカトと土踏まずをソフトにサポート
・銀イオンフォームで抗菌効果
・オールラウンドタイプ
・使用マテリアル:イオンフォーム
・つま先の厚さ:4.0mm

奥穂高岳の3日目に靴紐を締めすぎて長距離を歩いたら、今でも両足の親指が痺れっぱなしになってしまい(^^ゞ
土踏まずのアーチを補正してくれるインソールを試してみることにしました
20141021_IMGP6689_1504.jpg

履いた直後は土踏まずに少し違和感がありますが、すぐになれてしまうものですね(^^)
20141021_IMGP6686_1504.jpg
これでしばらく様子をみようと思います


「アミノ酸 3000mg」
20141021_IMGP6714_1504.jpg
以前試していたアミノ酸 4220mgは20包で2,570円に対し、今回のアミノ酸3000mgは40包で1,831円
1包当りに含まれるアミノ酸は少ないものの、1g当りの単価が半分なのでお得感があります

効果のほどはいかに
一度に2包飲んで、アミノ酸6000mgで行ってみましょう(^^)

以上

2014/10/21   登山道具     239Trackback 0   239Comment 0  

今月のマウンテンギア(グローブ編)

山登りにはもっぱら100均のイボイボ付き軍手とホームセンターの皮手袋を愛用...
というか、基本的に素手で歩くことが多いワタクシ (^^;

北岳の前に「ヘリテイジ ウォータープルーフ トレッキンググローブ」を入手
しましたが、
北岳二日目に暴風雨の中、着脱時や袖から伝って入った雨水でいつの間にか中をビショビショにしていました。
ゴアテックスなので手側からの浸入はありませんが、腕側からは無防備...当たり前ですね (^^;

ということで、冬用のグローブにインナーを交換できるようなものを探していたところ、
大阪出張時に泊まった旅館の近くのモンベルで出会えたのでゲットして帰ってきました(^^)

「mont-bell メリノウール インナーグローブ タッチ」
20141021_IMGP6405_1504.jpg
完全に濡れたら冷たいでしょうけど、「ウールは冷えにくい」という言葉を信じてインナーはウールで

「mont-bell サンダーパスグローブ」
20141021_IMGP6406_1504.jpg
モンベル独自の防水透湿素材“ドライテック”のペラペラなグローブ、こういうのを探していたんです (^^)
手首を締めるバンドがあったら最高ですが、とりあえずお世話になってみましょう

「mont-bell ウールニットグローブ タッチ」
20141021_IMGP6403_1504.jpg
メリノウールのインナーグローブより少し厚いウールを、予備&温度調節用に

「mont-bell ウール マウンテングローブ」
20141021_IMGP6407_1504.jpg
厳冬期のミドル用に、この手のウールグローブは、3~4倍するものしか見たことないので破格値な一品、
あまりのお買い得感に思わず2つ入手しておこうかとも思いましたが、とりあえず1つ使ってみてからにしましょう

ISUKA ウェザーテック オーバーミトン
20141021_IMGP6409_1504.jpg
厳冬期のアウター用に、夏に処分品を買っておいた、高透湿防水素材のミトン
通常スキー&スノボで使うミトングローブは、親指,その他の2本指になりますが、
登山用はピッケルを持ちやすいように、人差し指も独立した3本指になります

厳冬期はこの4枚をレイヤリングします
20141021_IMGP6674_1504.jpg

インナーの上にサンダーパスグローブを着けたところ
20141021_IMGP6413_1504.jpg

インナーがタッチ対応で、サンダーパスグローブが薄いので、なんとかiPhone操作が可能
紐を結んだり、アイゼンを付けたり細かい作業を素手にならずに出来ることが重要です
20141021_IMGP6414_1504.jpg

更に、ウールマウンテングローブとオーバーミトンを着けたところ
20141021_IMGP6410_1504.jpg

常温なので当たり前ですがポッカポカです、カメラのシャッターもなんとか押せそうです
20141021_IMGP6411_1504.jpg

ピッケルを持つとこんな感じになります
20141021_IMGP6419_1504.jpg

そして、厳冬期では手袋が谷底に流されると指も落としかねないので、予備のグローブが必要です
上の4枚セットをもう1セット持つと、ザックの中が手袋だらになって訳がわからなくなりそうなので...

「Black Diamond Soloist」
20141021_IMGP6667_1504.jpg

これ一つで対応温度域-26度、インナーが取り外せるので濡れても交換可能です
本当に寒い時は、この下にインナーと、上にオーバーミトンも着けられるので、
単に上の4枚セットと同じものを2セット持つより、より低温に対応できそうです
(万が一全部同時に外して落としてしまったら予備の意味がありませんが...)
20141021_IMGP6669_1504.jpg

20141021_IMGP6668_1504.jpg

ゆかいな手袋達
20141021_IMGP6673_1504.jpg

ということで、グローブの準備はオッケーです

つづく


2014/10/20   登山道具     238Trackback 0   238Comment 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。