あぁ、これも運命。 Part2

2014年02月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

モンベル ダウンハガー 800 #3

初めての...と言いたいところですが、実はワタクシにとってこれは二つ目のシュラフ。
一つ目は本格的な単身生活を始める前にホームセンターで適当に購入したもので、
呑み友のお部屋にお邪魔する際に大活躍していましたが、デカイわりに暖かくない化繊綿のシュラフは
それだけでマンモスザックの半分を占めてしまうほどビッグなので、山のテン泊用に新調することに。

海外の有名メーカーの品は高すぎて手が出ず、日本人の味方のモンベルでどれにしようか1ヶ月悩んで...
今回は「ダウンハガー800 #3」(旧名称:U.L.スーパースパイラル ダウンハガー)にしてみました。
201402_IMGP1068_1504.jpg

色は...情熱の赤(^-^)
201402_IMGP1074_1024.jpg

モンベルのシュラフはバリエーションが豊富で超迷います。
それぞれの商品の特徴としてはざっくりこんな感じでしょうか。
---------------------------------------------------
<中綿素材>
 ダウン:軽い、コンパクト、洗濯が面倒、濡れると乾きにくい、高価 ★
 化繊綿:重い、嵩張る、洗濯が楽、速乾性、安価

<使用可能温度域>
 EXP : -23~-40℃
 #0 : -16~-31℃
 #1 : -9~-22℃
 #2 : -4~-15℃
 #3 : 0~-10℃ ★
 #5 : 6~-2℃
 (重い,嵩張る,高価) EXP > #0 > #1 > #2 > #3 > #5 (軽量,コンパクト,安価)

<ダウンのフィルパワー>(羽毛のかさ高性を表す単位)
 (軽量,コンパクト,高価) 900 > 800★ > 650 (重い,嵩張る,安価)

<ストレッチシステム>
 スーパースパイラルストレッチ:伸縮率135%(左右&斜め方向に伸びる)★
 スパイラルストレッチ:伸縮率120%(左右方向に伸びる)
---------------------------------------------------
★印が今回選択したモデル


一つで冬の富士山頂上からサマーキャンプまでこなせると助かるんですけどねぇ..。
他の装備がすべて揃ったらもう一つ冬山用を買うことになると思いますが、重いからねぇ、その時はもっと悩むことでしょう。
201402_IMGP1079_1024.jpg

付属のコットン製のストリージバッグに入れ替え、ダウンを膨らませて出撃の時を待ってもらいます。
201402_IMGP1103_1024.jpg


鍋は...まだ迷ってます。

テントも悩み中。




スポンサーサイト

2014/02/28   登山道具     181Trackback 0   181Comment 0  

UNIFLAME Coffee Banet cute

本日、注文していたシュラフとFLUCARD FOR PENTAX O-FC1が届きました(^-^)

が、ちょこっとコーヒーブレイク。(これも物欲グッズなんですけどね)

先日、armさん宅に訪問して超美味しい挽きたてのコーヒーをご馳走になったら
美味しいコーヒーを山で飲みたくなり、まずはこれを入手してきました。

UNIFLAME Coffee Banet cute(コーヒーバネット キュート)
201402_IMGP0949_1024.jpg

1本のステンレスワイヤーでできた、135mm×120mm,46g と軽量コンパクトな折りたたみ式コーヒードリッパー、
知恵の輪のように外すと、ビヨヨ~ンと伸びてフィルターが置けるようになります。

「ドリッパーの隙間から余分なガスを排出することにより、すっきりとした味わいになる」とのこと。

1997年製のMacintoshなマグカップの上でパチリ
201402_IMGP0972_1024.jpg

スノーピークなシェラカップの上でパチリ...あら、シェラカップにはちょいと寸足らず(^^ゞ
201402_IMGP0981_1024.jpg

シェラカップに載せるには、「コーヒーバネット sierra」でしたね、皆さんは間違えないでくださいませ(^-^)

ま、こうすれば使えるので、少しでもコンパクトなのをお好みの方はこちらでもokですね。
201402_IMGP0988_1024.jpg

淹れます。
201402_IMGP1019_1024.jpg

T-fal君はちょっとミスマッチですが...確かに美味いよ(^-^)

次回はお外でコーヒーブレイクしましょう。

コーヒーミルはこれにするつもりでしたが、予想以上に重くて躊躇しています。

重いと言っても、たった235gなんですけどね。シュラフやテントでの235gの価格差を考えると、超ウルトラ贅沢品に感じてしまうんです。

小さい男ですねぇ(^^ゞ






2014/02/27   登山道具     180Trackback 0   180Comment 0  

マンモスうれぴ~♪(その3) MAMMUT Heron Element 60+15L

登山&マンモス症候群に感染中なワタクシ、テン泊用に60リットル以上のザックを検討していまして、
さすがにザックは、ドイター,オスプレー,グレゴリーなどのザック専門メーカーの品にするつもりでしたが...

大雪で寮に閉じ込められた先週、やっぱり、ポチッとやっちゃいました(^^ゞ

MAMMUT Heron Element 60+15L
201402_IMGP0827_1024.jpg

MAMMUTの60リットル以上のザックだったら、本当は「Heron Pro 70+」にしたかったのですが、
2012年モデルはすでにどこも完売で、2013年モデルは色がちょっと...ということで
先日「変に妥協して後から買いなおす事がないようにしたい」と誓ったばかりですが、
差額でシュラフが買えちゃうし、今回は最終処分特価に落ちることにしました(^-^)

在庫限りの最終処分品なので参考にされる方はいないでしょうけど、一応残してみます。

4年間愛用している「Dauter Futura 32」と並べて。

まずは、32リットル vs 軽く詰めた60リットル仕様
201402_IMGP0792_1024.jpg

パッと見、あまり変わらないように見えますが、フューチュラは奥行き方向が薄いので、数値通り2倍入る感じです。

続いて、更にフリース3枚とバスタオルを詰め込んで、32リットル vs 75リットル仕様
201402_IMGP0806_1024.jpg

長いです、関口メンディー氏のようですね(^-^)

60リットル仕様で背負うと、このようなサイズ感になります。
201402_IMGP0814_1504.jpg

左右に伸縮性のあるサイドポケット、右側後部にピッケルストラップとトレッキングポールストラップ、
右側下部にに収納可能なボトルホルダー、Elementは同クラスの最下位グレードではありますが、
必要最低限の機能はきちんと備わっています。
201402_IMGP0847_1024.jpg

ファスナーのプルリングは手袋装着していても使いやすい大きさ。
201402_IMGP0837_1024.jpg

左ショルダーベルトにマンモスマーク。チェストベルトは笛付き。
201402_IMGP0857_1504.jpg

ショルダーベルトは背中の長さに合わせて4段階に調整できます。
172cmの私は一番下のMサイズ。スイス人はデカイのね。
201402_IMGP0867_1504.jpg

ヒップベルトのポケットにはiPhoneやコンデジが入ります。
201402_IMGP0882_1024.jpg

雨蓋を開いたところ。
201402_IMGP0871_1024.jpg


この大型ザックはテン泊登山以外に、もちろん鳥撮りにも活躍してもらいます。

BORG125SD と Gitzo GT3541LS + Ssachtler FSB 6 を
201402_IMGP0889_1024.jpg

それぞれ三脚袋と100均のニット帽で保護して
201402_IMGP0897_1024.jpg

入れちゃいます。
201402_IMGP0912_1024.jpg

横方向にはかなり余裕がありますが、コンプレッション ストラップを締め上げればジャストフィットしてぐらつくこともありません。
これなら普通に長い距離を歩けそうです。

ちなみに、いままで使用していたBORG125SD用バッグは、プリンスのテニスラケット用バッグ (^^ゞ
201402_IMGP0917_1024.jpg

これを使えばテニスの王子様になれるような気がするものの、ベルトがプアなので歩くと超疲れます。
201402_IMGP0922_1024.jpg

これはこれで容量が大きくてそれなりに便利なので、歩かない時に頑張ってもらいましょう。
201402_IMGP0937_1024.jpg

以上

物欲日記が続きそうです。






2014/02/26   登山道具     179Trackback 0   179Comment 0  

今年初ヤマセミ(その2)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2014/02/21   ヤマセミ    

今年初ヤマセミ

今年初、1月のヤマちゃんを超トリミングにて(^-^)

201401_IMGP7482_1024_2.jpg

201401_IMGP8038_1024.jpg

その2へつづく

PENTAX K-3
BORG125SD
画像クリックで拡大表示

2014/02/21   ヤマセミ     177Trackback 0   177Comment 0  

大雪後の大石寺

日曜日に大石寺より富士山をパチリ。

ここは雪が少なくてビックリです。

201402_IMGP0457_1024.jpg

201402_IMGP0479_2048.jpg

201402_IMGP0539_2048.jpg

逆さ富士と自分。足が長く見えていいね(^-^)
201402_IMGP0615_1504.jpg

201402_IMGP0619_2048.jpg

三門です。カッチョイイ~ヽ(^o^)丿
201402_IMGP0637_2048.jpg

201402_IMGP0662_2048.jpg

201402_IMGP0676_2048.jpg

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示



鍋...ほぼ決まりました。

2014/02/20   富士山     176Trackback 0   176Comment 0  

チタン シェラカップ

大雪で操業中止になった月曜日、じっきさんのスーパーカーで街へGO!

この日のお目当てはシェラカップ。

シェラカップは、直接火にかけられてちょっとした調理にも使えて、
複数のカップをスタッキング(積み重ねることね)できて、計量カップにも使えて、
口元が熱くなりにくい便利なカップなんです。(これも、むらっちからのオススメの一品)

材質はもちろん、超軽量で金属臭がないチタンでしょう(^-^)

チタンといえば、コンロッド,プッシュロッド,バルブスプリングリテーナーなどを連想してしまうワタクシ、
チタンシェラカップを手にすれば、脳みそのレッドゾーンが2万回転くらいに跳ね上がること間違いなし。

色々と手にとって重ね合わせたりして、今回は下の二つにしてみました。

左:snow peak E-104(重量39g,容量310ml)
右:UNIFLAME UFシェラカップ 300チタン(重量50g,容量300ml)

201402_IMGP0719_1504.jpg

UNIFLAMEの方がカップは小さいけど、ハンドルがステンレス鋼で長いのでちょっとだけ重い。
重いと言っても、どちらも風で吹き飛ばされそうなくらい超軽量なんですけどね。

あえてメーカーを変えたのは、取っ手の長さが異なりスタッキングした時に収まりが良かったから。
飲む時に指にしっくりくるのはsnow peak、直接火にかける時は取っ手の長いUNIFLAMEという感じかな。

201402_IMGP0734_1504.jpg

snow peakに熱々の椎茸茶を入れてみた図
201402_IMGP0748_1504.jpg

縁が折り返してあってハンドルの針金が入っているので、ほんとに口元が熱くなりにくい。

頑丈だし錆びないし、こいつも末長くお世話になれそうです(^-^)


鍋は...まだ迷ってます。




UNIFLAMEユニフレーム UNIFLAME UF...

UNIFLAMEユニフレーム UNIFLAME UF...
価格:1,500円(税込、送料別)




2014/02/19   登山道具     175Trackback 0   175Comment 0  

PRIMUS P-154S

山登り&アウトドアに欠かせない道具と言えば、温かい飲み物や食べ物を作ることができる「ストーブ」ですね。

なんて、偉そうに言ったりしますが、ちょっと前までストーブと言えば、
灯油を燃やして部屋を暖める「石油ストーブ」しか思いつかなかったワタクシ (^^ゞ
ど素人はど素人らしく真面目に調べてみると、これがまたライトなものからマニアックなものまで色々あって、
ストーブ沼というものもあるほど、それはそれは深~い世界なんです...

ストーブには大きく分けてアルコール、ガソリン、ガスとあって、特徴はざっくりこんな感じでしょうか。

●アルコールストーブ
 燃料用,医療用,度数の高いお酒など、アルコール系燃料を使うストーブで、
 マイナス20度などの低温や風に強い、シンプルな構造のため壊れにくい、火力は弱い。
 空き缶などを利用して手作りも楽しめる。

●ガソリンストーブ
 ホワイトガソリン,ガソリン,灯油など、石油系燃料を使うストーブで、
 ストーブが出す熱で燃料を気化させているためマイナス20度などの低温でも火力が強く燃費が良い。
 石油系燃料のため魚などの直火料理は不可、弱火が苦手。
 ガソリンストーブは安定した火を得るまでのプレヒートが面倒だったが、
 「SOTO MUKAストーブSOD-371」など予熱不要な製品も出てきて扱いやすくなっている。

●ガスストーブ
 一家に一台はある(?)カセット式ガスコンロのように缶に入った液体ガスを使うストーブで、
 簡単に着火することができて、取り扱いが簡単で最も一般的。
 使用する環境の温度や気圧等によってガスカートリッジの種類を使い分ける必要がある。


ストーブ沼の住人のむらっち&くまっちに色々と濃ゆい話も教えてもらいつつ、2ヶ月近く悩んで...

ガソリンストーブと最後まで迷って...

初ストーブはガスストーブのコレにしてみました。
201402_IMGP9350_1504.jpg

プリムス P-154S ウルトラスパイダーストーブ
201402_IMGP9361_1504.jpg

ガスカートリッジの上にバーナーを装着する一体型と比べると、分離型は出力が小さくなってしまう傾向にあるようですが、
もともと燃料とバーナーが分離しているガソリンストーブのSOD-371と迷っていたのもあり、
設置条件の悪い場所での使用や、大きい鍋を載せることも考慮し、安定性重視で分離型です。

低温環境下でも火力が強く男らしさ溢れるガソリンストーブにしなかった最大の理由は、
山でイカやエイヒレなどを炙って一杯やりたかったから... (^^ゞ


ガスカートリッジは、温暖な時期や低地での使用に適した一般用なノーマルガス(IP-250G)2本と、
特殊繊維の内張で気化促進効果の高いハイパワーガス(IP-250T)3本を、とりあえず調達。
201402_IMGP9370_1504.jpg
厳寒地や高所用のIP-250Uはネット通販では買えないようなので、アウトドアショップで探してみましょう。

鍋は...これまた深くて、現在検討中 (^^ゞ
とりあえず入手してきた100均の鍋&蓋と並べて点火式。
ガソリンストーブにはかなわないけど、ゴーっと、なかなか良い音たてて燃焼します。
201402_IMGP9397_1504.jpg

雪の朝霧高原でインスタントラーメン調理中の図
201402_IMGP0349_2048.jpg

焼け色が付くと愛着倍増。
201402_IMGP0685_2048.jpg

末長くお世話になりますよ(^-^)




P.S
お陰さまで春まで待たずにプリウスを本日救出できました。
Kentさん、じっきさん、この休み中に色々と連れ出してくださり、ありがとうございました m(_ _)m

2014/02/18   登山道具     174Trackback 0   174Comment 0  

あぁ、大雪

14日から15日にかけて降り続いた雪は、各所で観測記録を更新する記録的な大雪となりました。

昨日は職場が操業中止のため休みでしたが、寮周辺の雪掻きをしまくり
車で10分も掛からないコンビニへ往復2時間掛けてスノーハイクして終了。
(アイゼン、スパッツ、スコップなどの雪遊びグッズが全部車の中だったのよ~)

本日、金曜日に駐車場に置いて帰ってしまったプリウスを救出に行くと、
201402_IMGP0304_1504.jpg

ビーコン無しでもすぐに見つかり、雪はすぐに降ろせましたが...
201402_IMGP0315_1504.jpg

県道に出るまでの数百メートルが、20cm程度の上半分が固まった雪に覆われていて、救出を断念 (ToT)
やはり新雪のうちに出しておくべきだったねぇ、と言っても後の祭り。
201402_IMGP0329_1504.jpg

雪が降ると凍結防止と雪の重みの負荷を軽減するためワイパーを立てたりしますが、
これだけ雪が積もって氷になりかけてしまうとワイパー立ては逆効果なんですね。
プリウスのワイパーはしなりながらもなんとか持ちこたえていましたが、
ポッキリ折れたり曲がってしまっている車が何台かありました。
何事も経験ですね ^^;

周りの車のワイパーに乗った雪もサクっと降ろし、Kentさんのスーパーカーで北へレッツゴ~!

今日は気分的に蒼く!
201402_IMGP0367_2048.jpg

更にもっと蒼く!!
201402_IMGP0395_2048.jpg

Kentさん、気分を切り替えさせて頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

午後から重機が入って除雪を開始したので明日は救出できるかな。

PENTAX K-3
PENTAX DA 21mmF3.2AL Limited
画像クリックで拡大表示

2014/02/16   富士山     173Trackback 0   173Comment 0  

あぁ、富士山

先週の富士山を少々。

太ももまでずっぽり埋まりながらラッセルして湖畔に下りて行くと、
運よくカワウが飛んでくれました(^ー^)
201402_IMGP9080_3008.jpg

ラッセルラッセル~♪
軽アイゼンとスパッツがあれば撮影の楽しさ倍増。良い汗もかけて超健康的。
201402_IMGP9089_2000.jpg

でも、調子に乗ってると遭難しそうなので、計画的に利用しましょう(^^ゞ

201402_IMGP9143_1504.jpg

201402_IMGP9150_1504.jpg

ここも駐車場が雪で埋まっていて停められません。50cm以上かな。
201402_IMGP9178_1504.jpg

ミニボーグ45EDIIで
201402_IMGP9230_2000.jpg

201402_IMGP9248_2000.jpg

201402_IMGP9268_2000.jpg

こんなところからパチリっとね(^-^)
201402_IMGP9276_2000.jpg

201402_IMGP9303_2000.jpg

横浜から雪遊びに来たお兄さんたち
201402_IMGP9333_2000.jpg

少年の様に目がキラキラしています
201402_IMGP9326_2000.jpg

他人の楽しそうな顔はイイね、超楽しくなってきます(^-^)
201402_IMGP9343_2000.jpg

201402_IMGP9337_2000.jpg

201402_IMGP9323_2000.jpg

本日も一日雪が降り続き、仕事帰りの駐車場でプリウスが雪に埋もれて見つからず...(^^;
少々可哀想ですが置いて帰ってきました。

日曜日はパシフィコ横浜で開催されているcp+へ行きたいのですが、はたして明日神奈川へ帰れるでしょうか。

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8
ミニボーグ45EDII
画像クリックで拡大表示

2014/02/14   富士山     172Trackback 0   172Comment 0  

夕日とハイイロチュウヒ

今年も関東一ビッグな(?)猛禽フィールドへGO!

富士山、浅間山、赤城山、男体山、妙義山、筑波山、等々の名立たる山々が一望できる野鳥の宝庫。

鳥運向上のためにも、一年に一度はお邪魔しないといけません(^-^)
201402_IMGP9412_2048.jpg

まずは、カシラダカちゃん。
201402_IMGP9494_2048.jpg

何やらこの感じ、超久々?
ファンダー越しに見ていてゾクゾクっと。やっぱり鳥撮りイイね(^-^)
201402_IMGP9500_2048.jpg

ねぐらで待機していると、17時過ぎにご帰宅。
201402_IMGP0004_2048.jpg

暗いですよ~
201402_IMGP0146_2048.jpg

ひらりひらりと舞っては、突然急降下。そこがあなたのねぐらなのね(^^)
201402_IMGP0188_1024_4.jpg

はい、ちょっとしたストーカーでございます(^^ゞ

201402_IMGP9794_2048.jpg

モズ君は近くにいる小鳥たちが気になるようで...
201402_IMGP9819_2048.jpg

ホオジロちゃん、食べられないでね。
201402_IMGP9889_1504.jpg

フィルター無しでも絞りまくって減光すると...黒点がぼんやりと写りました。
201402_IMGP9947_2048.jpg

沈みます...
201402_IMGP9964_2048.jpg

201402_IMGP9984_2048.jpg

この光景は何度見ても感動的です。

もう少しまともに撮れると、もっと感動できるんでしょうねぇ(^^ゞ

またお邪魔いたします m(_ _)m

PENTAX K-3
BORG125SD
ミニボーグ45EDII
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示

2014/02/13   猛禽     171Trackback 0   171Comment 0  

大雪後の富士山

記録的な大雪が過ぎ去った朝、寮の前でプリウス君がプチスタックし、タイヤの雪をお湯で溶かしてなんとか脱出(^-^)
冬タイヤを履いていても、FF車で圧雪な上り坂は、雪を溶かすくらい超バーンナウトしないと脱出困難です。
というか、こんな時は素直に四駆がうらやますぃ~。

朝からプチうろたえてしまったので、気分的にこのまま尻尾を巻いて帰宅する訳にいかず(東名も混んでることだし)
ホームセンターでアルミ製の軽量スコップを入手し、アイゼン&スパッツを装着して、更に雪深い富士五湖方面へレッツゴー!

ラッセルラッセル~(^-^)
201402_IMGP8934_1504.jpg

ひざ上まで埋まるほど降って一晩経った雪は、重い、重すぎる...(^^ゞ

しかし、こんな事でウダウダ言っていたら、札幌に嫁いで毎日雪かきしている姉に笑われてしまうでしょう。
汗をかきながら超笑顔で進みます。
201402_IMGP8969_1504.jpg

銀世界な富士山
201402_IMGP9019_1504.jpg
下半分の雪の部分がブログ背景の白と近すぎて、横構図に見えてしまったので、少し青みを与えました(^^ゞ

少し北上して、ススキ草原
201402_IMGP9043_1504.jpg

201402_IMGP9057_1504.jpg

神奈川や静岡の海側からの富士山も素敵ですが、この大沢崩れを配して宝永山が見えない富士山も超素敵。

ほこたての富士山対決が終わってしまったのは残念ですが、どこから見た富士山が一番好きなのかは、永遠のテーマです。

そう、どこから見ても良いんだもの(^-^)


つづく

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示

ホンダのフィットがまさかのリコールですね (>_<)
ネットやテレビで、ここぞとばかりに評論家さん達が囃し立てると思いますが、
ホンダはきちんと対策してくれますので、購入寸前の方もうろたえる必要は無いと思います。
我が家のエリシオンも今年で9年、超頑張ってくれてます(^-^)

2014/02/10   富士山     170Trackback 0   170Comment 0  

軽アイゼン ベルモント BS-011

雪山トリガーがオンしてから12本爪アイゼンを導入するべく色々と調べてみると、
欲しいと思うアイゼンを生かすには、今履いているトレッキングシューズではちょっと頼りなくて、
分厚いゴアスパッツと、ピッケルと、ごっついゴアグローブと、足りないモノも多すぎて...

そんな時、むらっち&かおるっちが軽アイゼンでスノートレッキングを楽しんでるのを聞いて、
ワタクシも軽アイゼンとやらを検討開始。

ひとくちに軽アイゼンと言っても、調べてみるとホームセンターで取り扱っているものから、
雪山で使えるような本格的なものまで色々あります。
プチ物欲人間としてはなんでもそうなんですが、どれが自分に合っているか考える時が楽しいもの (^ー^)

で、今回私が選んだのはこちら。

ベルモント(belmont) 軽アイゼン(スノーガード、バンド・ケース付) BS-011
201402_IMGP8740_1024.jpg

色々な意味で12本爪の練習も兼ねているので、軽アイゼンといえども爪が金属製であることは最低条件。
歩きやすそうで、耐久性が良さそうで、コンパクトに収納できて、ルックスも悪くない、ということで
モンベルのコンパクトスノースパイク(品番 #1129601)と迷って、バンドがゴム製でないこちらを選びました。
201402_IMGP8750_1024.jpg

昨日の雪遊びでシェイクダウンしたところ、笑っちゃうくらい イイ!
思ったよりグリップ感が良い具合で、普通に歩けるし、走れるし、装着したまま車の運転も出来ちゃうし。
ちょっとしたカルチャーショック(^-^)

ゴムバンドでワンタッチなタイプに比べると、装着に少し時間が掛かりますが、
ナイロンバンドでガッチリ装着しているので、外れる心配がまったく無く安心です。
これを装着していれば、つるりんこな林道を重たい大砲背負って歩いても恐くなさそうです。

201402_IMGP8872_1504.jpg

本格的な雪山用ギヤが揃うまで、こいつでスノーハイクを楽しませてもらいましょう。



2014/02/09   撮影機材     169Trackback 0   169Comment 0  

吹雪の白糸の滝

本日は16年ぶりと言われる記録的な大雪なり。

仕事は昼で終わりましたが、神奈川県へ向かえば大渋滞は必至、
バーゲンセールならまだしも渋滞に並ぶのは超苦手なので、アクセル全開でレッツゴ~(^-^)

昨年の大雪では、なぜかここだけ雪がなくて残念でしたが、今回は降り過ぎですよ (^^ゞ

高速シャッターでパチリ。
201402_IMGP8828_1024.jpg

うーむ
なにやらホコリっぽいような画になってしまいますねぇ(^^ゞ

ならば、スローシャッターでパチリ。
201402_IMGP8831_1024.jpg

粒が大きく自己主張しまくり。

降雪時の撮影って、ムズいのねぇ。
201402_IMGP8861_1504.jpg

滝つぼ周辺整備で新設された滝見橋から。
世界遺産の構成資産として恥かしくない、立派な橋が完成しましたね(^-^)
201402_IMGP8866_1504.jpg

しかし、まるでモノクロ写真ですね(^^ゞ

天気が良い日がもちろん最高なんですけど、これはこれでありでしょう(^-^)

振り返って(高コントラスト)
201402_IMGP8924_1504.jpg

前を向いて
201402_IMGP8929_1504.jpg

さっき自分が残したトレースが、たった30分で消えてなくなっていました。

皆さま、つるりんこ気をつけましょうね~

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示

2014/02/08   風景     168Trackback 0   168Comment 0  

青いスカイライン

十数年の眠りから覚めたI氏のスカイライン。
せっかく撮ったので...これ運にも残しておきましょう(^-^)

5時33分。昔は帰る時間でしたが、十分睡眠を取ってレッツゴー!
もう夜通し走るのは身体に良くないからね(^^)
201311_IMGP2839_1024.jpg

太陽が出るまでの刻々と変わる空の色を楽しみつつ(間に合ったね)
201311_IMGP2928_1500.jpg

トレードマークのエアダクト(ボンネット直りましたね)
201311_IMGP3246_1024.jpg

知る人ぞ知る、Amigoちゃん(^-^)
これを知っている人は相当な箱○マニアじゃん。
201311_IMGP3185_1024.jpg

御来光ヽ(^o^)丿
201311_IMGP3119_1504.jpg

車雑誌のカメラマンが這いつくばっていたのを思い出しつつ
201312_IMGP5583_1024.jpg

超有名なススキ草原にて
201312_IMGP5719_1024.jpg

ここから直ドリ区間(そんな訳ない)
201312_IMGP5676_1024.jpg

以上、ライトサイドな青いスカイラインでした。

ダークサイドに興味がある方は、下の「More ?」をポチッとね(^-^)


[ 続きを読む / More ? ]        2014/02/06       167Trackback 0   167Comment 0  

Lake Tanuki

本日はこの冬最強と言われる寒波により、ちょろっと降雪なり。

仕事がめっちゃ忙しくてそんな余裕は無いはずですが、雪が降れば別腹。

-5℃のツルツルガリガリ路面でハイパワー車に生まれ変わったプリウス君を楽しみつつ湖畔に到着すると、
雪ダルマなカップルが人目を気にせずイチャイチャしていました(^-^)

201402_IMGP8777_720.jpg

やはり、"All You Need Is Love" ですよ。

201402_IMGP8763_1504.jpg

201402_IMGP8783_1024.jpg

201402_IMGP8793_1024.jpg

また明日も頑張りましょう。

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示



2014/02/04   星景     165Trackback 0   165Comment 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。