あぁ、これも運命。 Part2

Entry 169   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

軽アイゼン ベルモント BS-011

雪山トリガーがオンしてから12本爪アイゼンを導入するべく色々と調べてみると、
欲しいと思うアイゼンを生かすには、今履いているトレッキングシューズではちょっと頼りなくて、
分厚いゴアスパッツと、ピッケルと、ごっついゴアグローブと、足りないモノも多すぎて...

そんな時、むらっち&かおるっちが軽アイゼンでスノートレッキングを楽しんでるのを聞いて、
ワタクシも軽アイゼンとやらを検討開始。

ひとくちに軽アイゼンと言っても、調べてみるとホームセンターで取り扱っているものから、
雪山で使えるような本格的なものまで色々あります。
プチ物欲人間としてはなんでもそうなんですが、どれが自分に合っているか考える時が楽しいもの (^ー^)

で、今回私が選んだのはこちら。

ベルモント(belmont) 軽アイゼン(スノーガード、バンド・ケース付) BS-011
201402_IMGP8740_1024.jpg

色々な意味で12本爪の練習も兼ねているので、軽アイゼンといえども爪が金属製であることは最低条件。
歩きやすそうで、耐久性が良さそうで、コンパクトに収納できて、ルックスも悪くない、ということで
モンベルのコンパクトスノースパイク(品番 #1129601)と迷って、バンドがゴム製でないこちらを選びました。
201402_IMGP8750_1024.jpg

昨日の雪遊びでシェイクダウンしたところ、笑っちゃうくらい イイ!
思ったよりグリップ感が良い具合で、普通に歩けるし、走れるし、装着したまま車の運転も出来ちゃうし。
ちょっとしたカルチャーショック(^-^)

ゴムバンドでワンタッチなタイプに比べると、装着に少し時間が掛かりますが、
ナイロンバンドでガッチリ装着しているので、外れる心配がまったく無く安心です。
これを装着していれば、つるりんこな林道を重たい大砲背負って歩いても恐くなさそうです。

201402_IMGP8872_1504.jpg

本格的な雪山用ギヤが揃うまで、こいつでスノーハイクを楽しませてもらいましょう。



関連記事
スポンサーサイト

2014/02/09   撮影機材     169Trackback 0   169Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/169-316d04e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。