あぁ、これも運命。 Part2

Entry 184   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

冬の竜ヶ岳

昨日は札幌から神奈川に就職した甥っ子と次男会。
たくましく成長した甥っ子のパワーを吸い取りまくり、15歳ほど若返りました(^-^)

駅から自宅までの帰り道、足元に財布のようなモノが落ちていたので拾い上げると、財布です(そのまんま)
201403_IMG_2637_1024.jpg

二つ折りの財布はお金が貯まらないと言われ、長財布に切り替えましたが、あんまり変わりません...
そんな事はどうでも良いですが(良くない)、どこに届ければ良いか警察署に電話すると駅前の交番に行ってくれと。

駅前の交番に到着、誰もいないし...
201403_IMG_2638_1024.jpg

電話をしてしばらく待っていると、超可愛い女性警官がやってきました (^o^)丿

本当に、届けて良かったです(そっちか)

201403_IMG_2639_1024.jpg

あっ この顔を見たら110番。


という事で、1時半に布団に入って5時半に起床し、目指すは今週も雪山。

201403_IMGP1810_1504.jpg

先週はソロの楽しさを味わったので、今週はペアで。

先週土曜日の昼休み、見た目は体育会系な理系男子のじっき氏に、

mouton : 「じっき、毛無山ってどれ?」
じっき : 「えーと、あれですよ、あの右の方の一番高い山です」
mouton : 「いいねぇ、白いねぇ、樹氷も見えるねぇ」
じっき : 「結構積もってますよねー」
mouton : 「じっき、アイゼン持ってる?」
じっき : 「ええ、持ってますけど...」
mouton : 「よし、月曜日行こうか」
じっき : 「え? ま、まじっすか?(゜o゜)」
mouton : 「えぇ、もちろんでございます(^-^)」
じっき : 「い、いいですよ~ 行きましょ~! (@_@;)」

という事で、勧誘成功。

今は別の部署ですが、過去に同じ仕事で苦楽を共にした信頼関係がありますし、
じっき氏の辞書には「嫌です」とか「出来ません」とか「無理です」とかは無く
つべこべ言う前に頭と身体を動かして何でもこなしてしまう優秀なタイプ。
悪口言わない、ウソつかない、見栄張らない、何事にも実直に取り組む姿勢など、
仕事はもちろん、山のパートナーとしても最高な、ナイスガイなのです(^-^)
(弊社はナイスガイしかいないんですけどね)

「いないいないばぁ」している様にも見えますが、オリンパス・ペンを巧みに操るじっき氏。
カメラバッグにはマニアックな怪しいレンズがたくさん入っています。
201403_IMGP1827_1504.jpg

寸前まで毛無山に登る気満々でしたが、念のため昨日の積雪の状況を検索すると
頂上にある背の高さの看板が少し見えているだけの様子...
簡単には「嫌です」とか「出来ません」とか「無理です」とか言わない2人ですが
ちょいと装備が足りませんので、毛無山はまた次回ということにして、竜ヶ岳に変更 (^^)

9時36分、ちょっと遅いスタートでレッツゴ~(^-^)
201403_IMGP1835_1504.jpg

スタート早々、いきなり道迷い(@_@;)
でもね、GPSがあれば安心です、日陰でツルツルなこの斜面を直登し、登山道に合流することに(^^ゞ

201403_IMGP1852_1504.jpg

アイゼン装着オッケー!
201403_IMG_2651_1024.jpg

これも雪上歩行訓練の一環、良い子の雪山初心者は真似してはいけません (^^ゞ
アイゼンの爪を利かせ多少のツルリンコにも怯まずガシガシ進み、無事登山道に合流しました。
201403_IMGP1867_1504.jpg

一つ目の富士山展望台。ついさっきまで晴天だったのに、頂上がもう雲に覆われています。
風も相当吹いているようで、この時期の富士山登山がいかに難しいかが解りますね。
201403_IMGP1891_1504.jpg

進みます
201403_IMGP1899_1504.jpg

ザクザク
201403_IMGP1909_1504.jpg

ザクザク、ザックザク
201403_IMGP1914_1504.jpg

笹の頭が見えているところは実は結構深くて、油断していると腿までガッポリ踏み抜きます。
201403_IMGP1944_1504.jpg

201403_IMGP1954_1504.jpg

登って来た道を振り返る
201403_IMGP1960_1504.jpg

駿河湾方面
201403_IMGP1969_1504.jpg

隣の雨ヶ岳
201403_IMGP1974_1504.jpg

八ヶ岳方面
201403_IMGP1985_1504.jpg

プチ雪庇
201403_IMGP1999_1504.jpg

低山では恐くもなんとも無い雪庇ですが、森林限界の稜線でこいつを踏み抜いたら一巻の終わりです。

201403_IMGP2004_1504.jpg

11時53分、所要時間2時間17分にて、竜ヶ岳ピーク(1485m)登頂 ヽ(^o^)丿
201403_IMGP2014_1504.jpg

3分後に思い出してパチリ(^^ゞ
201403_IMGP2023_1504.jpg

縦構図で一枚
201403_IMGP2029_1504.jpg

たまには私も入って、はいポーズ(^-^)
201403_IMGP2058_1024s.jpg

今回は、ベースレイヤ+フリースを基本とし、最初はハードシェルジャケットを着て登り、
途中でフリースになったり、GERRYのペラペラなナイロンウィンドブレーカーを羽織ったり、
こまめに調節しながら歩き、登頂後クールダウンしながらダウンとハードシェルジャケットを着込んだら
ポッカポカのまま頂上で約1時間を過ごすことができました。
先週の塔ノ岳での失敗を経て、今回はレイヤリング調節大成功(^-^)


昼食はリンガーハットの長崎ちゃんぽん。
201403_IMGP2068_1504.jpg

本物の長崎ちゃんめんを知らない私は、これが長崎の「ちゃんめん」の味なのかと思っていましたが、
実は違うんですって~。そう聞くと、本物を食べたくなりますねぇ。

じっきはチタンクッカーで雑炊を調理中。
201403_IMGP2074_1504.jpg

いただきます m(_ _)m
201403_IMGP2090_1504.jpg

そして、先週は飲む余裕が無かった食後のコーヒーを...
201403_IMGP2114_1504.jpg

氷点下でドリップコーヒーをチタンカップに淹れると、良い具合に冷却されてぬる~いコーヒーの出来上がり (^^ゞ
む~ん、雪山でもっとアツアツのコーヒーを淹れるには、コーヒーポットですかねぇ...荷物が増えますねぇ

201403_IMGP2129_1504.jpg

13時ジャストに下山開始。
201403_IMGP2152_1504.jpg

頂上の看板には、金峰山,八ヶ岳,北岳の方角が記されています。いつかお邪魔しますよ(^^)
201403_IMGP2164_1504.jpg

下ります
201403_IMGP2172_1504.jpg

絶景かな
201403_IMGP2200_1504.jpg

登山者は登りで1人すれ違っただけ、貸切状態です。

パノラマでパチリっと (^^)
201403_IMG_2680_650.jpg

サクサク
201403_IMGP2213_1504.jpg

サクサク、サックサク
201403_IMGP2221_1504.jpg

登りで気づかずに通り過ぎてしまった登山道入口から出てきました。あぁ、ここだったのね(^^ゞ
201403_IMGP2232_1504.jpg

14時32分下山完了、所要時間は1時間32分。
201403_IMGP2238_1504.jpg

今回の収穫は、

・雪山いいね
・面倒くさがらずこまめにレイヤリングを調節しよう
・キックステップが入らないような硬い急斜面も、木が生えていると「滑っても止まる」という心理的な余裕から
 軽アイゼン&ストックで行けちゃう。こうなると、本格アイゼン+ピッケルで森林限界を歩きたいね


PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示

関連記事
スポンサーサイト

2014/03/10   登山     184Trackback 0   184Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/184-59b27dbf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。