あぁ、これも運命。 Part2

Entry 193   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

今週のマウンテンギア

今週我が家にやってきたマウンテンギア達。

THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト ソーライト レギュラー」
表面にアルミ蒸着されたロール収納のクローズドセルマットレス
201404_IMGP3556_1504.jpg

これまたエア注入式と2週間迷いましたが、今回はパンクの心配が無い発泡マットをチョイス
201404_IMGP3557_1504.jpg

少々嵩張るため険しい岩場には不向きかな。長さが180cmもあるので使ってみて必要な長さにカットしましょう。
201404_IMGP3559_1504.jpg

険しい岩場の登攀には欠かせないクライミングヘルメット、2014年の新作「テツペンゲーハー」
201404_IMGP3547_1024.jpg

「オクトス スタッフバッグ 15L~30L(3枚セット) 」
50デニールナイロン素材、2層防水(透湿)コーティングで耐水圧約10000mm
201404_IMGP3549_1504.jpg

ザックカバーを付けても長時間の雨にさらされると背中側から浸透して濡らしてしまいがちですが、
ザックの中身をすべてこいつらにパッキングすれば安心です。 3枚で1,900円はお買い得。
201404_IMGP3550_1504.jpg

冬山には必要不可欠なバラクラバ(目出し帽)、2014年の新作「キレンジャ#3」
201404_IMGP3545_1024.jpg

「ダイソー エアーピロー」
上のオクトス スタッフバッグに詰めた荷物を枕にするつもりですが念のため。
カメラマンはいつでも持っている(?)エアブローダストクリーナーを使えば楽々簡単に膨らませられます。
201404_IMGP3563_1504.jpg

CAMELBAK アンチドートリザーバー2.0L ( 品番 #1821708 )
201404_IMGP3564_1504.jpg

1人で黙々と歩く時には給水のためにザックを降ろすのが面倒なので、ハイドレーションシステムを使ってみることにしました。
201404_IMGP3566_1504.jpg

水を入れたバックをザックの中のポケットに入れ、「H2O」と書かれた穴からホースを出します。

ドイターはここから
201404_IMGP3567_1504.jpg

201404_IMGP3568_1504.jpg

マムートはここから
201404_IMGP3569_1504.jpg

最後は、昔ながらの「フリント式ライター」
ウルトラスパイダーの自動点火装置が万が一壊れたら死活問題なので非常用に。
201404_IMGP3570_1504.jpg

以上


関連記事
スポンサーサイト

2014/04/05   登山道具     193Trackback 0   193Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/193-8ba68287

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。