あぁ、これも運命。 Part2

Entry 196   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

雪の富士山(宝永山)登山

今週は日,月にエアライズのシェイクダウンを兼ねた丹沢縦走で、
テツペンゲーハーを装着して鎖場を攻める予定でしたが...

201404_IMGP3553_1504.jpg

日曜日の天気予報は「真冬並みの寒気が流入し、大気の状態が非常に不安定になる見込み」とのこと、
最近自分はプチッとMっけがあるんじゃないかと思い始めていますが、
さすがに吹雪の中でテントのシェイクダウンをするほど(まだ)ドMではありません。

ということで、急遽鳥撮りに変更(^-^)
鳥さんたちに癒されつつ春の鳥撮りを満喫すると(写真はまだ見れてませんが(^^ゞ)
やはりむしょうに登りたくなり、IさんにLINEでラブコールを入れて就寝。

朝5時に起きると、深夜2時に好感触な返信が入っていて、西へ向かいつつ菜の花畑で寄り道していると
8時に現地に到着するとの連絡が入りましたヽ(^o^)丿

私のわずか数行の文面から「1人で行くのは不安だから一緒に登って欲しい」という心理を読んでくださいました。
さすがIさん、勘が鋭いです(^-^)

水ヶ塚公園から
201404_IMG_2911_1024.jpg

この日のコースはこちらです。
201404_01_1504.jpg

4本爪しか持っていないワタクシに、予備の12本爪アイゼンを差し出してくださるも
私の靴にはセミワンタッチアイゼンを装着するためのコバがございません...(^^ゞ
「ならばこれだ!」と6本爪アイゼンを差し出し、俺も今日はこれで行く!ともう一つ6本爪アイゼンを取り出しニンマリ(^^)
どんだけ出てくるの~(゜o゜) ありがたくお借りいたします m(_ _)m

201404_IMGP4208_1504.jpg

ということで、6本爪のラチェットバンドをカチカチッと締め上げ、初めての雪の富士山登山へレッツゴ~!

8時40分に出発。

201404_IMGP4214_1504.jpg

遠くから見る富士山は今の時期 五合目くらいまでしか雪が無いように見えますが、それは森林限界の境目で、
実は標高1,500mに位置する水ヶ塚公園までビッシリ積っているのが木々で見えないだけなんです。

歩くべきところがハッキリ解る登山道をしばらく進むと
201404_IMGP4239_1504.jpg

しだいに夏道の凹みが解らなくなり、木に結び付けられたピンクのリボンだけが頼りに...

201404_IMGP4248_1504.jpg

そして、行く手を阻む倒木地帯をリンボーダンスしながら越えると
201404_IMG_2917_1504.jpg

少し開けてきて
201404_IMGP4254_1504.jpg

ハイポーズ (^-^)
201404_IMGP4257_720.jpg

201404_IMGP4263_720.jpg

そして、しだいに斜度がきつくなっていきます
201404_IMGP4266_1504.jpg

ザクザク はぁはぁ
201404_IMGP4268_1504.jpg

愛鷹連峰と箱根山、どちらも近々お邪魔しないといけない山々です
201404_IMGP4272_1504.jpg

201404_IMGP4277_1504.jpg

チラチラ見えるのが宝永山
201404_IMGP4281_1504.jpg

樹林帯に入ると...え?どこが道?

リンボーダンス&藪漕ぎしながらザクザク行きます
201404_IMGP4289_1504.jpg

201404_IMGP4295_1504.jpg

201404_IMGP4304_1504.jpg

写真では良く解りませんが、それなりに急登(はぁはぁ)
201404_IMGP4315_1504.jpg

三合目にあたる御殿庭中
201404_IMGP4322_1504.jpg

森林限界はもうすぐ
201404_IMGP4345_1504.jpg

201404_IMGP4359_1504.jpg

宝永山が大きくなってきました(^^)
201404_IMGP4365_1504.jpg

201404_IMGP4381_1920.jpg

雪山のオアシス、黒い地面! 冷えた足先をあそこで温めたい(^^ゞ
201404_IMGP4383_1920.jpg

12時30分、目的地である第二火口横の山体観測装置に到着。
所要時間は3時間50分。(地図の参考時間は3時間15分)

山頂と宝永山をバックにパチリ
201404_IMGP4411_720.jpg

静岡方面
201404_IMGP4433_1504.jpg

箱根方面
201404_IMGP4441_1920.jpg

山頂方面
201404_IMGP4448_1504.jpg

右手前が第二火口で、奥が第一火口。
時折ビューっと吹く風に飛ばされて第二火口に滑落したら痛そうです(死ぬね)


昼食方面
201404_IMG_2941_1504.jpg

二人でカップ麺をすすり腹を満たしたら、13時30分下山開始
201404_IMGP4480_1504.jpg

軽快に行きます
201404_IMGP4490_1920.jpg

後ろ髪引かれつつ、またお邪魔しますよ~
201404_IMGP4499_1504.jpg

途中自分達のトレースもピンクのリボンも見失って道迷いしましたがYAMAPのおかげで正規ルートへ無事復帰。
登りでだいぶ左に巻いていたので、下りも左へ左へと意識していましたが、かなり右に逸れてしまっていました。
知らず知らずのうちに地形的に低くなっている方に引き込まれてしまうのでしょうね...

201404_IMGP4550_1504.jpg

15時30分下山完了。所要時間は2時間ちょうど。(地図の参考時間は2時間20分)
朝あれだけあった雪はすっかり融けていました。
201404_IMGP4555_1504.jpg

201404_IMGP4575_1504.jpg

YAMAPの軌跡を見ると、中間地点あたりで右に大きく逸れているのが解ります。
20140407_02.jpg

活動距離、高低差ともに塔ノ岳より少ないけど、疲労感は1.5倍くらい。
最初から最後までアイゼンだったのと、樹林帯でのリンボーダンスも効きましたね。
20140407_01.jpg

今回の収穫は、

・山の道迷いを初体験
 山側も谷側も視界が遮られる樹林帯での道迷いを少しだけ味わいました。
 道迷いの原因は、まずは自分達のトレースを見失ってしまったことですが、
 私がIさんの後をしっかりトレースしてより深く確実なトレースにしなかったことも原因の一つでしょう。
 太平洋側の富士山はとにかく下れば道路に出るのでよほどの事がない限り帰って来れそうですが、
 もっと難易度の高い雪深いの樹林帯を歩く時には自分でリボンを結びながら登り、
 回収しながら下るくらいの準備が必要ですね。経験や勘だけでは完全には回避できないでしょう。

・やっぱり富士山いいね
 登山上級者は富士山は単調でつまらないと言う人が多いですが、
 整備された登山道でない雪の樹林帯はそれなりにスリリング (^^ゞ
 もっともっと技術を身につけて、ガリガリな山頂を目指したくなります。
 つまらないなんてことは絶対にないと思います。

・YAMAPいいね
 今回もYAMAPが大活躍。
 iTunesのスポーツカテゴリーで、野球,ゴルフ,サッカーなどのメジャースポーツがひしめく中、
 最高記録(19位)を更新したようです。
 もうね、GPSナビがあればどこにでも行けるんじゃないかと思ってしまいます(過信厳禁)


PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
iPhone 5
画像クリックで拡大表示

関連記事
スポンサーサイト

2014/04/10   登山     196Trackback 0   196Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/196-01a4bd6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。