あぁ、これも運命。 Part2

Entry 219   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

今月のマウンテンギア @マンモスうれぴ~♪

今週末の北岳に向け、我が家にやってきたギア達を少々。

「MAMMUT RAINCOVER (XL / 50-100L)」
201407_IMGP9723_1024.jpg
ドイター フューチュラはレインカバーを内蔵していますが、マムート ヘロンエレメントには付いてないので
雨が予想される北岳に向けレインカバーを調達。

軽さで選ぶか、値段で選ぶか、マンモスか、迷って迷って1週間くらい迷って、やっぱりマンモス純正品(^^)

50-100L対応というだけあって大きさ的には楽勝ですが、取り出してビックリ
ザックにフィットさせるために絞る部分が、なんと伸縮しないガッチガチのヒモ...(◎o◎)

安易に批判しないワタクシですが、ザックカバーを絞るのに毎回ヒモを引っ張るのって、ちょっと使いにくいような...
いや、軟弱なゴムまかせでは強風に煽られてカバーが飛ばされてしまうかもしれませんからね、
超ヘヴィーデューティー仕様ということで、男は黙ってヒモを思いきり締め上げようじゃありませんか (^^;
201407_IMGP9725_1024.jpg

「ヘリテイジ ウォータープルーフ トレッキンググローブ」
201407_IMGP9731_1024.jpg
寒さに合わせて自分でインナーの厚さを変えられるように、ゴアテックスのペラペラな完全防水グローブを探していますが、
ゴアテックス素材を使ってはいるものの「完全防水ではありません」と謳う製品が多いんです...
山屋さんをあちこち回り、ネットを徘徊しまくって、やっと見つけた「完全防水&完全防風」なグローブがこいつでした。

アウター+ゴアインサート+起毛ライナーの三層構造で、この時期にはちょっと暑そうですが、
森林限界を超えるか、雨に打たれるような状況ならオールシーズン使えるでしょう、厳冬期にはミドルとして使えますし。

ということで、ペラペラな完全防水のゴアグローブは現在も捜索中でございます。 (情報求む)

「モンベル U.L. コンフォートシステムパッド & ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー ワイド」
201407_IMGP9733_1024.jpg
寝る時に使うマットレスと、寝袋用の防水カバーです。
マットレスは、軽くて暖かいサーマレストの発泡マットを愛用していますが、唯一嵩張ることが難点で、
難所を歩く際に邪魔にならず、雨が降った時にザックにレインカバーがつけられるよう、
じっきーも愛用しているスポンジ入りエアマットを北岳用に買い増し。

防水カバーも雨天が予想される北岳用に、大雨時の床上浸水はもちろん、厳冬期の結露に備えて、
また、夏の低山では寝袋代わりにも使えるかもということで買い物かごへ...

会計時にニコニコしながら「テント&シュラフ用品は2点以上お買い上げで10%OFF!」の旗を指差すと、
店員さんが「あっ!すみませ~ん、あれはもう終わってしまったんですぅ~~ m(_ _)m」って...(ToT)/

まぁ、しょうがないよね~と、バッグから財布出そうとするも見つからず(汗)
一声掛けて車に財布を取りに行って戻ってくると、
「あの旗を見て購入してくださったので、今回は適用させて頂きます」と...SWEN富士店、最高じゃん m(_ _)m

登山用品の10%は大きいからねぇ、おかげで衝動買い後の晩飯抜きを免れました(^-^)


b-grip EVO belt holster + b-grip New Travel Kit
201407_IMGP9728_1024.jpg
まあ、大した写真は撮れませんが、いつでもどこにでもお気に入りの一眼レフを持って行くワタクシ。
登山用に軽量防水耐衝撃なコンデジを買うという選択肢があるのは解っていますが、そんな浮気はいたしません。

とは言うものの、一眼レフを首からぶら下げて山を歩くと、歩くリズムに合わせてドスドス入るカメラのボディブローが意外に効くんですよねぇ (^^;
慣れてくると、カメラの動きにシンクロさせ、ある程度カメラの揺れを抑制できるようになりますが、
ちょっとした岩を登る際にカメラを岩にぶつけたり、油断した時に強烈なボディブローを食らったりしていたので、
ザックのショルダーベルトにK-3をガッチリ取り付けられ、撮影時には瞬時に取り外せる念願の一品です。

「Black Diamond Trail Pro」
201407_IMGP9735_1024.jpg
北岳の雪渓を安全かつ快適に歩くために、トレッキングポールにパウダーバスケットが欲しくて、
憧れのブラックダイヤモンドを新調。

グリップ下にショックを吸収するアンチショック機構が付いている「トレイルプロショック」は、
パウダーバスケットが別売りで、この日は在庫が無く取り寄せていたら間に合わない。
「トレイルプロ」はパウダーバスケットが付属していて、トレイルプロショックに比べて82gも軽い...
更に26g軽い女性用とも少し迷いましたが、愛社精神で黒赤シルバーのトレイルプロに決定。

雪仕様
201407_IMGP9737_1024.jpg

4年間お世話になって傷だらけのホームセンターなトレッキングポール。
もう引退? いえいえ、雪以外のドライなシーンではもうちょっと頑張ってもらいますよ(^-^)
201407_IMGP9741_1024.jpg

「ARC'TERYX Motus Crew LS」
201407_IMGP9739_1024.jpg
憧れのアークテリクス第一弾は、Phasic SLファブリックを使用した最高吸水速乾なベースレイヤー、
2013秋冬モデルを30%OFFにて。 ついに禁断のアークテリクスな一歩を踏み入れてしまいましたね...
「ARC'TERYXの製品開発はもっとも優れた「素材」と「構造」そして「デザイン」の3つの輪が交差する中心でされています」
とか言われると、マウンテンギア初心者はイチコロじゃん。

「アミノ酸4220mg」
201407_IMGP9721_1024.jpg
雲取山を登る前に、ササーっと飲んで、じっきーの口にもササーっと流し込んだ、アミノさん。
味はともかく、疲れる前&疲れた後に、こいつを飲むと調子良い感じです。


「イスカ ウェザーテック オーバーミトン」
201407_IMGP0111_1024.jpg
季節外れではありますが、だからこそ厳冬期用ギアは安売りしている今が買い時ですね(^-^)
グローブもレイヤリングするのが良いようで、冬までに上のヘリテイジの下に薄手のウールインナーと、
ヘリテイジとミトンの間にミドルのウールグローブを入手して4枚体制にする予定です。
厳冬期用のギアを全部揃えるには丸一年掛かるね (^^;

関連記事
スポンサーサイト

2014/07/03   登山道具     219Trackback 0   219Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/219-50260794

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。