あぁ、これも運命。 Part2

Entry 241   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

赤岳

赤岳鉱泉テント泊で赤岳へ行ってきました。

20141026_IMGP6849_1504.jpg

行者小屋からは大三郎尾根から赤岳山頂を目指し、地蔵の頭から行者小屋へ下りてくる反時計回りルート。
山頂付近の岩場は楽しかったけど、噂のマムート階段が長い長い(>_<)
あいにくの天候で山頂からの景色が拝めなかったので、またお邪魔しますよ(^^)

◆日程
2014年10月26日(日)~27日(月)

◆天候
26日 晴天~曇り~雨
27日 雨~曇り

◆行程 (休憩,テント設営含み)
1日目
美濃戸登山口 07:38
赤岳鉱泉 11:08 (CT 3:31 / 標準CT 3:00)
赤岳 14:38 (CT 3:30 / 標準CT 2:40)
赤岳鉱泉 16:45 (CT 2:07 / 標準CT 2:00)

2日目
赤岳鉱泉 08:38
美濃戸登山口 11:51 (CT 3:13 / 標準CT 2:35)

YAMAPログ
20141027_001.jpg

20141027_002.jpg

いつものように、ダラダラと写真を残しておきます。
下の「More ? 」をクリックで続きます。


美濃戸登山口で登山届けを記入したら
20141026_IMGP6736_1504.jpg

YAMAPを起動して、いざスタート
20141026_IMGP6737_1504.jpg

実はこの日、美濃戸登山口から徒歩1時間上がった美濃戸山荘まで車で行く予定でしたが、
4人フル乗車&荷物満載のプリウス君には少々酷な凸凹道で途中敗退 (>_<)
中間地点に仲間と荷物を降ろし、プリウスを美濃戸登山口駐車場に停めて仕切り直しました。

仲間と再会し (^^)
20141026_IMGP6746_7204.jpg

いざ出発!
20141026_IMGP6752_1504.jpg

紅葉と青空を楽しみつつ
20141026_IMGP6775_1504.jpg

すすきも入れたりしながらどんどん進みます
20141026_IMGP6781_1504.jpg

遊びの師匠である“Iさん”曰く、「最初のうちはあれもこれもと持って行ってしまうので荷物が多くなりがちだけど、
登山を重ねるうちに荷物を削れるようになって行く」とのことですが、ワタクシはまだまだ増加傾向 (^^ゞ
スタート時のすったもんだがあり、いつもの体重計による計量を行えなかったけど、おそらく過去最重量の23~24kg
20141026_IMGP6806_1504.jpg

赤岳鉱泉までの登山道は沢沿いで気持ち良い
20141026_IMGP6816_1504.jpg

20141026_IMGP6823_1504.jpg

有名なアイスキャンディの骨格が登場し赤岳鉱泉到着
20141026_IMGP6827_1504.jpg

今晩はここで一夜を過ごします

サクッとテントを設営
20141026_IMGP6833_720.jpg

我がいとしのエアライズ1君、取り扱いにもすっかり慣れて、設営&撤収を超早で出来るようになりましたよ(^^)
20141026_IMGP6841_1504.jpg

赤岳鉱泉まで重装備を担いで登ったので、かなりスタミナを使ってしまいましたが、
ここに来るまでに時間もたっぷり使ってしまったので、ヘルメットを装着し本気モードで先を急ぎます。
20141026_IMGP6860_1504.jpg

噂のマムート階段が終了、長かったよ~(@_@;) マンモスうれピ~
20141026_IMGP6887_1504.jpg

階段が終わり、岩好きが元気を取り戻します
20141026_IMGP6898_720.jpg

ガレザレです
20141026_IMGP6902_1504.jpg

富士山とも北岳とも穂高とも丹沢ともまた違う、独特の雰囲気が赤岳にもあります
20141026_IMGP6910_1504.jpg

クライミング!
20141026_IMGP6913_1504.jpg

霧の中をガシガシ進むと...
20141026_IMGP6922_1504.jpg

見えて来ました
20141026_IMGP6931_1504.jpg

赤岳山頂標
20141026_IMGP6934_1504.jpg

赤岳 (2,899m) 登頂!
20141026_IMGP6941_720.jpg

山頂でしばらくまったりしたいところですが、いつ降ってきてもおかしくない状況なので先を急ぎます
20141026_IMGP6960_1504.jpg

赤岳頂上山荘とじっきー
20141026_IMGP6961_720.jpg

地蔵尾根を目指して下山
20141026_IMGP6972_1504.jpg

幸い視界が悪くて高度感がありませんが、どう考えてもヤバイところを通過
20141026_IMGP6973_1504.jpg

余裕のポーズをしていますが、右下に落ちたらおしまいよ
20141026_IMGP6978_1504g.jpg
厳冬期に歩く人もここを通過するんですよねぇ、赤岳恐るべし

下りる
20141026_IMGP6981_1504.jpg

赤岳展望荘を通過し
20141026_IMGP6988_1504.jpg

お地蔵さんに一礼し
20141026_IMGP6993_1504.jpg

どんどん下りる
20141026_IMGP6994_1504.jpg

なんとかぎりぎりヘッドライト登場せず下山完了

お疲れちゃんでございました
20141026_IMGP7001_1504.jpg

2日目

歯を磨きながら、アイスキャンディの取り扱い説明をパチリ
20141027_IMGP7008_1504.jpg

アイスキャンディと昨晩お世話になったテント場の位置関係
20141027_IMGP7015_1504.jpg

周辺案内図
20141027_IMGP7023_1504.jpg
赤岳~硫黄岳(またはその逆)を縦走したいね(^^)

お世話になりました、下山します
20141027_IMGP7027_1504.jpg

20141027_IMGP7046_1504.jpg

20141027_IMGP7070_1504.jpg

20141027_IMGP7115_1504.jpg

20141027_IMGP7118_1504.jpg

20141027_IMGP7132_1504.jpg

20141027_IMGP7147_1504.jpg

20141027_IMGP7177_1504.jpg

20141027_IMGP7210_1504.jpg

20141027_IMGP7224_1504.jpg


◆今回の収穫

・赤岳いいね(^^)
 憧れの八ヶ岳が、私の日本百名山チャレンジの7座目となりました。
 富士山を除いて神奈川県からもっとも近く-20度の世界を体験出来る山。
 今回は厳冬期にチャレンジするための偵察でもあった訳ですが、
 実際に登ってみると、厳冬期のチャレンジが少し遠退きました(^^ゞ
 アイゼン付けてのマムート階段&谷底トラバースを楽しむには、もう少し修行が必要そうです。

ダウン三兄弟のシェイクダウン完了
 今回はプチ冷え込みに備え、いつもお世話になっている750FPマンモスダウンジャケットに
 フェニックスのダウンパンツと、イスカのテントシューズをプラスして望みました。
 夜間ずっと雨が降っていたので予想以上に暖かかく、少々甘いテスト環境となってしまいましたが、
 シュラフの中はポカポカで超極楽快適な一夜を過ごすことができました。
 足元を暖かくすると無駄に血液を冷されないので、思っていた以上に温まりますね。
 せっかくなので、今年の冬はダウン三兄弟を駆使して寮の暖房代を節約してみようと思います(^^)

SIDAS MULTI+ 良いかも
 仕事に履いている革靴と同じくらいの値段のインソールなので悪かったから困るのですが、
 土踏まずのアーチをサポートしてくれるのが判り、アーチによる足裏のクッションが効いてかちょっと良い感じ。
 アーチが上がると足が小さくなるんですかね、足先が少し広く感じるような気がします。
 人間の身体って面白いね。


以上、赤岳でした。

PENTAX K-3
PENTAX-DA 12-24mm F4ED
画像クリックで拡大表示

関連記事
スポンサーサイト

2014/10/27   登山     241Trackback 0   241Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/241-017615a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。