あぁ、これも運命。 Part2

Entry 248   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

剣山

四国の百名山めぐり1日目は、徳島県の剣山にお邪魔しました。

20141221_IMGP1127_2.jpg

12/20に甥の結婚式で四国入りし、香川県で式が終了してから徳島県の穴吹へ移動、
穴吹のホテルで一夜を過ごし出発の準備をしていると、ワタクシの信頼できるバディー「じっきー」が、
山道具を満載したプリウス君と共に迎えに来てくれました(^-^)

土曜日に仕事が終わってから、静岡から徳島まで車で移動して朝から山登り....
そんなムチャクチャなことが出来るのは、じっきーならでは。
三歩さんじゃないかと思うくらいパワフルです(^^)

ということで、剣山に向け出発!


「More ? 」をクリックで続きます。


貞光から見ノ越まで向かう途中、剣山スキー場あたりから見ノ越までの間が
凍り気味のわだちが深く、何度も亀さんになりそうでヒヤヒヤしつつなんとか到着。

見ノ越で帰りのためにチェーンを装着したり、登山準備などをグズグズしていたら
11時半スタートになってしまいました...(^^ゞ

スタート地点の神社に手を合わせてレッツゴー!
20141221_IMGP0994.jpg

深いトレースに導かれて進むと
20141221_IMGP0999.jpg

そこは直登の冬道
20141221_IMGP1016.jpg

一気にガツーンと登ったら
20141221_IMGP1017.jpg

少し緩やかになり
20141221_IMGP1031.jpg

振り返るとこんな感じ
20141221_IMGP1033.jpg

そしてたまに股まで踏み抜く雪の中を更に進むと
20141221_IMGP1040.jpg

リフトの終点、西島駅に到着
20141221_IMGP1044.jpg

ここで昼食方面
20141221_IMGP1051.jpg
サーモスで持参したお湯で、なつかしのカップスターを頂きます
ちなみに、青いハイドレーションホースは柔らかそうに見えますが、実はカッチカチです (^^ゞ

食事が済んだらアイゼン装着
S__1450024.jpg
雪山の案内でよく「10本爪~12本爪アイゼンを...」というのを見かけますが、このペツル リンクスは14本爪。
爪の数が多いからどうという事はなく、こいつはフロントポイントを氷壁に突き刺してやらないと宝の持ち腐れ的な...(^^ゞ

西島駅からの眺め
20141221_IMGP1054.jpg

上に見えるのが剣山頂上

しかし、この時点で13時50分

計算では登頂しても日没前にギリギリ車の所まで下山できそうですが、
更に車でわだち地獄を1時間掛けて下山しないとならないので、
余裕をみてここで撤退、夏道から下ります
20141221_IMGP1059.jpg

分岐
20141221_IMGP1075.jpg

左へ行くとアイスクライミングできそうな凍りついた岩
20141221_IMGP1078.jpg

右へ回って進みます

夏道は勾配は緩いけど吹き溜まりの雪が深い
油断していると股までガボッと踏み抜いてバランスを崩します
20141221_IMGP1085.jpg

20141221_IMGP1094.jpg

ショートカットして急勾配を行く
20141221_IMGP1097.jpg

20141221_IMGP1109.jpg

20141221_IMGP1110.jpg

プリウス君のところまで無事に下山
20141221_IMGP1119.jpg

帰り道、剣山スキー場までの間の恐怖のわだちはキレイに除雪されていました (^-^)
そうと解っていれば山頂を目指せましたが後の祭り、無事下山できてなによりということにしましょう (^^)
S__1450023.jpg


◆日程
2014年12月21日(日)

◆天候
晴れのち曇り

◆YAMAPログ
IMG_4893.png

S__1450022.jpg


◆今回の収穫

・事前に地元の方からそれなりに情報を頂いていましたが、
 実際にやってみるとアプローチや準備などで時間を使いすぎてしまい
 行動時間に余裕が無くなってしまいました。
 アプローチの長い山はもっともっと余裕をみなければダメですね。

・ハイドレーションが秒殺
 歩き始めてすぐに裸のハイドレーションチューブを吸ったら、既にカチカチに凍結していました (^^;
 じっきーは凍結防止チューブを既に導入していて、-10℃程度の環境下で3時間の行程で問題無しでした。

・冬山ウェアのシェイクダウン完了
 上記の様にハイドレーションが秒殺される環境下で、
 上はファイントラックのメッシュ+アークテリクスのベースレイヤーにR1フーディとソフトシェル
 下はシマムラのあったか起毛パンツ+マムートのデナリタイツ&ストームパンツで挑みましたが
 寒からず暑からず、超快適でした。
 特に、今回初めて着たソフトシェルが、暖かいのに透湿性が良く蒸れ知らずで超感動でした。

・手足もオッケー
 手は、モンベルメリノウールインナーグローブ+ペラペラな サンダーパスグローブ で問題無し。
 足は、PAINE ウールパイルソックス ICI-5 1枚に、3シーズン靴なザンバラン ジョラスGT で問題無し。
 私はもともと手足がいつも温かい人だからか、今回の条件ではまったく問題無しでした。

・百名山記録は9座目、今回は登頂出来なかったのでカッコ付きでカウントさせてもらいます。
 このカッコを取り外すため、またいつの日かお邪魔いたします。 次回は姪の結婚式かな?(^^)

以上、剣山でした。

関連記事
スポンサーサイト

2014/12/21   登山     248Trackback 0   248Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/248-5ed082b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。