あぁ、これも運命。 Part2

Entry 255   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

筑波山

同級生登山部で日本百名山三座目となる筑波山へ。

20150111_IMGP2449_1504.jpg

今回は、つつじヶ丘からスタートし、おたつ石コースで女体山と男体山を登頂し、
自然研究路で男体山頂周辺を一周してつつじヶ丘に戻りました。

◆日程
2015年1月11日(日)

◆天候
晴天

◆行程(休憩込み)
つつじヶ丘 08:46
弁慶茶屋跡 09:26 (CT 00:40 / 標準CT 00:50)
女体山 10:26 (CT 01:00 / 標準CT 00:50)
筑波山頂駅 10:59 (CT 00:33 / 標準CT 00:25)
男体山 11:11 (CT 00:12 / 標準CT 00:10)
筑波山頂駅(自然研究路) 12:10 (CT 00:59 / 標準CT 00:50)
女体山 13:15 (CT 01:05 / 標準CT 00:25)
弁慶茶屋跡 13:52 (CT 00:37 / 標準CT 00:50)
つつじヶ丘 14:36 (CT 00:44 / 標準CT 00:50)

YAMAPログ
20140111_IMG_5170.jpg

20150111_002.jpg


「More ? 」をクリックで続きます。

天候に超恵まれ、雲一つ無い文句無しの晴天でゴ~! (^^)

20150111_IMGP2455_1504.jpg

歩き始めは緩やかな階段と坂がしばらく続き
20150111_IMGP2470_1504.jpg

20150111_IMGP2484_1504.jpg

20150111_IMGP2488_1504.jpg

徐々に岩が多くなってきます
20150111_IMGP2508_1504.jpg

40分で弁慶茶屋跡に到着
20150111_IMGP2512_1504.jpg

木の間から見える、あの女体山を目指します
20150111_IMGP2521_1504.jpg

弁慶七戻り
20150111_IMGP2527_1504.jpg

頭上注意
20150111_IMGP2533_1504.jpg

高天原(たかまがはら)
20150111_IMGP2542_1504.jpg

母の胎内くぐり
20150111_IMGP2551_1504.jpg

陰陽石
20150111_IMGP2560_1504.jpg

出船入船
20150111_IMGP2575_1504.jpg

裏面大黒
20150111_IMGP2584_1504.jpg

北斗岩
20150111_IMGP2596_1504.jpg

20150111_IMGP2604_1504.jpg

屏風岩
20150111_IMGP2629_1504.jpg

大仏岩
20150111_IMGP2632_1504.jpg

スタートから1時間40分で、女体山(標高877m) 頂上到着
20150111_IMGP2647_1504.jpg

東京、富士山方面の眺め
20150111_IMGP2643_1504.jpg

次は男体山を目指します

ガマ岩
20150111_IMGP2663_1504.jpg

せきれい茶屋
20150111_IMGP2666_1504.jpg

セキレイ石
20150111_IMGP2669_1504.jpg

ミヤマホオジロを待つ人々
20150111_IMGP2672_1504.jpg

ミヤマホオジロは証拠写真しか撮ったことがないので、待ちたいような気がしないでもないですが、
今日は男体山が私達を待っているので先に進みます (^^)

岩場をちょろっと楽しみつつ進むと
20150111_IMGP2683_1504.jpg

たっぷり休憩しながら、スタートから2時間25分で、男体山(標高871m) 頂上到着
20150111_IMGP2690_1504.jpg

自然研究路 展望台
20150111_IMGP2739_1504s.jpg

崩落気味なところがある自然研究路をぐるりと一周して
20150111_IMGP2744_1504.jpg

山頂でお腹を満たしたら、1時間半でサクッと下山
20150111_IMGP2802_1504.jpg

お疲れちゃん! ぶんちゃんいつも運転ありがと~ m(_ _)m
20150111_IMGP2814_800.jpg


◆今回の収穫
・筑波山いいね
 筑波山は標高877mと日本百名山の中でも一番標高の低い山ですが、
 周辺にさえぎるものがほとんど無く、女体山、男体山それぞれの展望台からの見晴らしは最高!
 天候にも恵まれ、東京,富士山,丹沢連山,那須連山,日光連山など、関東一円の眺望を楽しめました。
 また、女体山までの岩場では時折り渋滞も発生しましたが、岩の登り下りがとても楽しい!
 岩を避けて簡単に歩くも良し、岩を直登して難易度を上げても良し、
 その日のコンディションやスキルに合わせて歩けるのがグッドです。
 また他のルートでもお邪魔したいと思います。

・百名山の山行記録が登山部は3座、私個人は11座(途中敗退2座含む)になりました。


以上、筑波山でした。


関連記事
スポンサーサイト

2015/01/11   登山     255Trackback 0   255Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/255-fd217baa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。