あぁ、これも運命。 Part2

Entry 260   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

金峰山

2/11の建国記念日は金峰山へ。
初めての週2で日本百名山でございます(^^)

20150211_IMGP4203_1504.jpg

今季最強といわれた寒波が去り、雲ひとつない文句無しの超快晴!
ヘルメットヨシ!ピッケルヨシ!ゴーグルヨシ!ツェルトヨシ!
なかなか軽量化できないザックに、ヒップボードを更に括り付けいざ出発!

先週の毛無山、日曜日の瑞牆山と、この日のために調整してきたつもりでしたが、
なかなかペースが上がらず、いつも歩き出せばすぐに温まる足先も冷えっぱなし...(>_<)

大日岩辺りで空が開けて周りの風景が見えた時にようやくエンジン始動して、
樹林帯で背中のピッケルを枝に引っ掛けないようリンボーダンスしながら急登を進み、
森林限界となる砂払ノ頭でアイゼンを装着ました。

そこから先の稜線歩きは、少し歩いては写真を撮っての連続で、
標準コースタイム25分のところを1時間24分掛けてまったり登頂 (^^ゞ

富士山,瑞牆山,八ヶ岳,南アルプス、遠くかすかに北アルプスを
眺めながらのランチタイムは至福のひとときでした。

そして、13時に下山開始。
登りに1時間17分も掛かった大日岩~砂払ノ頭を35分で駆け下りて
大日小屋から富士見平小屋の間でヒップボードで遊んで下山しました。

日曜日の瑞牆山に引き続き、お隣の金峰山にお邪魔しましたが、
この辺り一帯の山はニョキニョキそそり立つ岩の景観が素敵ですね。
毛無山でお会いした山梨百名山制覇を目指すお兄さんの気持ちが解りました。

あとヒップボード、こりゃヤバイ、楽しすぎ(^^)
おじさんでも十分楽しめます、笑いすぎて腹が痛いです。
雪山の必須アイテムがまた一つ増えてしまいました(^^)

◆日程
2015年2月11日(水)

◆天候
超快晴

◆行程(休憩含み)
瑞牆山荘 07:26
富士見平小屋 08:11 (CT 00:45 / 標準CT 00:50)
大日小屋 09:03 (CT 00:52 / 標準CT 01:10)
大日岩 09:50 (CT 00:47 / 標準CT 01:10)
砂払ノ頭 11:07 (CT 01:17 / 標準CT 01:40)
金峰山 12:31 (CT 01:24 / 標準CT 00:25)
金峰山 13:02
砂払ノ頭 13:32 (CT 00:30 / 標準CT 00:25)
大日岩 14:07 (CT 00:35 / 標準CT 01:10)
大日小屋 14:27 (CT 00:20 / 標準CT 00:25)
富士見平小屋 15:15 (CT 00:48 / 標準CT 00:40)
瑞牆山荘 15:40 (CT 00:25 / 標準CT 00:50)

YAMAPログ
20150211_001.jpg

20150211_002.jpg

「More ? 」をクリックで続きます。




三日前と同じく、瑞牆山荘無料駐車場を出発
20150211_IMGP3909_1504g.jpg
この日、じっきーはバーグハウスのハードシェル(ゴアテックスプロシェル)のシェイクダウン
なにやら三歩さんのよう...カッチョイイねぇ(^^)

富士見平小屋を通過、前回瑞牆山は小屋の左側でしたが、金峰山は小屋の右側を進みます
20150211_IMGP3931_1504.jpg

登山道にはトレースがしっかりあり、迷うことはありません
20150211_IMGP3934_1504.jpg

20150211_IMGP3946_1504.jpg

新しいトレースも2~3人分あります、皆さんお早い出発ですね
20150211_IMGP3959_1504.jpg

樹林帯をどんどん進みます
20150211_IMGP3997_1504.jpg

時々空が見えると元気倍増
20150211_IMGP4000_1504.jpg

大日岩付近、樹林帯を抜けると気持ち良い!
20150211_IMGP4031_1504.jpg

ザックを下ろして小休止、この日はアイゼン,ピッケル,ヒップボード,ヘルメット,三脚を外付け(ごちゃごちゃ付けすぎ)
20150211_IMGP4039_1504.jpg

樹林帯では背中の荷物が木々に引っ掛かるのでリンボーダンスしながら進みます
20150211_IMGP4045_1504.jpg

砂払いノ頭に到着
20150211_IMGP4076_1504.jpg

南アルプス方面の絶景、なぜか自然と叫んでしまいます (^^)
20150211_IMGP4082_1504.jpg

さあ、ご一緒に...「うぉ~~~~~!!」
20150211_IMGP4100_1504g.jpg
ここからいよよ森林限界、アイゼンを装着して進みます

少し進んで振り返ると、瑞牆山と八ヶ岳
20150211_IMGP4119_1504a.jpg

岩の間から富士山
20150211_IMGP4130_1504.jpg

右側はちょいと危険
20150211_IMGP4144_1504g.jpg

写真ばかり撮って全然進みません(^^ゞ
20150211_IMGP4160_1504.jpg

撮影に夢中になり過ぎて滑落しないようにね
20150211_IMGP4172_1504.jpg

鎖の雪壁を登り
20150211_IMGP4175_1504.jpg

稜線っぽくなってきました
20150211_IMGP4182_1504.jpg
傾斜が緩いので恐怖心はありませんが、滑落したら痛そうなので要注意

がつーんと下りて
20150211_IMGP4197_1504.jpg

振り返る
20150211_IMGP4203_1504.jpg

富士山を確認しつつ
20150211_IMGP4207_1504.jpg

また登ります
20150211_IMGP4215_1504.jpg

雪壁をアイゼン効かせて行く
20150211_IMGP4229_1504.jpg

ピッケルを刺して、影自撮り
20150211_IMGP4234_1504.jpg

南アルプスと八ヶ岳方面、どっちの最高峰もお邪魔したのは無雪期です、厳冬期にお邪魔できるようになりたいねぇ
20150211_IMGP4242_1504a.jpg

20150211_IMGP4246_1504.jpg

ラストスパート
20150211_IMGP4251_1504.jpg

有名な五丈岩に到着
20150211_IMGP4256_1504g.jpg

五丈岩と富士山
20150211_IMGP4274_1504.jpg

五丈岩を正面から
20150211_IMGP4286_1504.jpg
クライマーはこの岩も全部登ってしまうようです
トップロープがあればチャレンジしたいところですが...という軟弱者は素直にやめときましょう(^^ゞ

小さなエビの尻尾発見
20150211_IMGP4309_1504.jpg

山頂付近から五丈岩方面
20150211_IMGP4315_1504a.jpg

金峰山(標高2,599m)登頂!
20150211_IMGP4367_1504g.jpg

更に一番高い岩にも登り
20150211_IMGP4346_1504.jpg

岩陰でランチタイム
20150211_IMGP4352_1504.jpg

この美しい風景をいつまでも見ていたいけど、もたもたしていると日が暮れるので下山します

この日お気に入りの一枚
20150211_IMGP4372_1504g.jpg
富士山と五丈岩をバックにじっきーをパチリ (リアル三歩だね)
S__4497443.jpg


下山開始
20150211_IMGP4380_1504.jpg

20150211_IMGP4381_1504.jpg

左に下りると昇仙峡(相当距離あるでしょうねぇ)
20150211_IMGP4392_1504.jpg

奥が八ヶ岳で手前が瑞牆山
やっぱり瑞牆山カッチョ良い、同級生登山部でも行きたいね~
20150211_IMGP4424_1504.jpg

20150211_IMGP4437_1504.jpg

20150211_IMGP4440_1504g.jpg

20150211_IMGP4447_1504.jpg

20150211_IMGP4452_1504.jpg

20150211_IMGP4455_1504.jpg

20150211_IMGP4457_1504.jpg

砂払いノ頭の岩...立派です
20150211_IMGP4463_1504.jpg

大日小屋から富士見平小屋の間あたりで新兵器登場
20150211_IMGP4477_1504g.jpg

ゆかいなヒップボード
20150211_IMGP4512_1504.jpg

激滑~ (^o^)
20150211_IMGP4516_1504.jpg

暴走注意です(^^)
20150211_IMGP4519_1504.jpg

以上、金峰山でした。


関連記事
スポンサーサイト

2015/02/11   登山     260Trackback 0   260Comment 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://mouton1.blog.fc2.com/tb.php/260-0d4a96f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。